FC2ブログ

お山のたまごシリーズ☆にゅーす☆

本当のおいしさを求めて―。お山のたまごシリーズができました。 くだかけ生活舎産の お山のたまご、そして“お山のたまごシリーズ・やさい”のご紹介ページです。

スペシャルサンクス 

45254772_1927609920691273_5742389429578760192_n.jpg
準備期間を含め約一週間に及ぶ農産フェスが終わりました。この一週間で、会社や学校を挟んで通い状態で来てくれた人たちもいました。
45343154_276644379652554_584545014625861632_n.jpg
(↑実は誰よりも楽しんでいた息子。)
中でも、今回はじめてやった「お山の暮らしスタンプラリー」が大ヒット!生まれて初めて鍬や斧を使った!とか、新鮮な体験になったと思います。
食べ物も何もかもが手作りで、しかも農作業と平行なので準備や当日が大変なのがここの農産祭り。とても多くの方々が合流してくれて盛り上げてくれました。


45344804_1175186972630105_3399668538376454144_n.jpg
山奥のこの場所で自給自足に近い農的暮らしをしていくのは、すごく大変。だけど、絶対に楽しい。「いろんな人が、その暮らしに合流してのこの農的生産的暮らしの楽しさを少しでも感じてもらいたい。」というのが私のこの農園の目標になりつつある。農産祭りに来てくれることが、農園の暮らしへの合流になる、またはさらなる合流のきっかけとなればとねがっています。
欲を言えばここで農業を学んだりしてくれる人がもっと来てくれたらいいと思っていますが、それは結果としてそういうケースもあればいいなって感じです。
45398321_1175186929296776_1391095316823932928_n.jpg
農園の暮らしスタンプラリー(薪割り、のこぎり、鍬、ケルヒャー、全真堂)の各地で案内役をやってくれた方々、ありがとうございました!案内役の人たちはスタンプラリーに回れなかったということが最後に判明、申し訳ないです。やはり交代も考えとくべきでしたね(^^;
スタンプラリーのゴール地点で焼き芋を焼いてくれていた皆様、普段は普通の味のサツマイモを絶品焼き芋に調理してくれてありがとうございました!毎年、火が強すぎて顔面が火傷状態の人が発生していますが、いつかスコップと竹をカスタムしたものを作りますね。
恒例になりつつある焼き鳥も大人気。鶏解体の日を覚えていて二名手伝いも来てくれたので、集中できて非常にスムーズに解体がすすみ、良い肉質につながったと思います!前日の骨外し、串刺しは恒例の前夜祭兼ねて。そして当日の焼き手の方々はだいぶ熟練していて、焼き具合も最高でした!
今年の秋は鹿猪が捕れていないので、汁ものは無しとの予定でしたが、お母さん方がやはりあった方が良いと提案してくれました。試作を経ておいしい野菜たっぷりスープを作ってくれました。途中寒くなった時に食べて体が温まり、やはりあって良かったです!
食堂のラーメンはスープはもちろんうちの鶏ガラ、麺は若者たちが二毛作で育てた麦。着色していないので見た目は蕎麦でしたが、こしがあっておいしいラーメンでした。農産祭りの食堂と言えば、全体の流れをスムーズにする心臓部のようなもの。心臓をになってくれた皆さんありがとうございました!予定外の美味しい料理も作ってくれて感謝です(TT)
食堂が心臓なら、上の受付や野菜直売、喫茶、お菓子販売は首から上の部分。っていうか顔面部?顔面部の皆さん、ありがとうございました!また、みかんを提供してくれたり、手作りお菓子をもってきてくれたり、ありがたいです(^^)
で、ここまでは食べ物ばかりでいかにも生産農場の祭りって感じですが、そこに最高の癒しを与えてくれるのが芸に長けた人たちの文化。渡り廊下アートギャラリーでは絵画や漫画、グッズ、生け花の展示・販売をしてくれました。午後はギターやピアノ演奏、切り絵などやってくれました。農場はいつも忙しくてトラックのボディは泥だらけ、カーステレオは壊れたまま。果たして健康で文化的な生活なのか?と疑問になる時も多々ありますが、最高の癒しをくれて、クラクラになってしまいました(笑)ありがとうございました!
その他、準備から当日まで、大きく小さくいろんな方々のお力添えにより、楽しい農産祭りができました。
しかし、今回も初めて来た方が山道で2時間さまよって、とっても苦労したとか。来てくれた皆様、本当にありがとうございましたーーー!またのお越しをお持ちしております!何もおもてなし無しですが(爆)
スポンサーサイト

山の暮らしスタンプラリー

45019823_1916584431793822_414182800367812608_n.jpg
農産祭りまであと数日。毎日朝から農作業と並行で準備しています。
昨日、エサ小屋の外と中に整理棚を完成させて、一カ月以上に及んだエサ小屋リフォームが完了しました。これでネズミに強く、整理整頓された作業効率の良い小屋になりました。リフォーム中は、中の物が外に出されて散らかっていたため、農産祭りまでに間に合って良かったです。

さて、今年の農産祭りのメインは、「お山の暮らしスタンプラリー」になりそうです。斧で薪割り、のこぎりで薪を切る、鍬で大地を耕す、高圧洗浄機でギンナンの果肉を吹き飛ばす、全真堂で手を合わす、の5個をこなしてスタンプを揃えれば、焼き芋がゲットできる!というもの。どれも農園では当たり前の日常ですが、一般の方には珍しい体験になると思います。

18192.jpg
あまりにも忙しくてブログもなかなか更新できず。とりあえず、当日までのスケジュールを書きます。
既に毎日農作業と並行で準備しているため、手伝いにいつ来てくださっても良いのですが、特に木曜日は焼き鳥用の鶏を解体します。毛抜きに手間がかかるため、まさに猫の手も借りたいです!さらに、金曜日は前日にもかかわらず収穫出荷(TT)なるべく早めに終わらせて、焼き鳥の串刺しや焼き芋の準備、会場準備、前夜祭などを進める予定です。すでに8~9人ほどが前泊してくれそうですが、30人くらい来ても大丈夫ですので、よろしくお願いします!
あと、次の日が日曜日なので、農産祭り後にそのまま泊まってもオッケーな人はどうぞ!
準備に電車で来る人は、朝9時頃に山北駅に来れば車に便乗できますので、ご連絡ください。

カリン

17756.jpg
カリンジュースって超絶美味。それにとってもお手軽。
ざくぎりにしてハチミツもしくは砂糖と一緒に容器に入れるだけ。一週間くらいで美味しいジュースの出来上がり。水で薄めて飲むのだけれど、微妙に渋みが効いていて本当に美味しい。牛乳割りもいける。
今年は豊作で販売中!1kg500円、5㎏2000円。

17761.jpg
今日は二手に分かれて収穫作業。若者たちは稲刈り。例の二毛作田んぼが大豊作で、とても良い米。
昨年、隣の田んぼの方からいただいた30年前の二条刈りコンバイン。大切に使っておられたようで、大事に使えばまだまだ使えそう。

S__34816009.jpg
午後、私は稲刈り現場を離れ、姪っ子たちファミリーの芋ほり現場へ移動。急いでツルを刈り払い、マルチを剥がして掘り取りGO。
丸い白っぽい芋、ピンクのいも、鮮紅の芋・・・。毎年、適当に芋を伏せてツルを植え付けているため、品種がゴチャゴチャ。いろんな形や大きさの芋が出てきた。デカいのはスィートポテトにしようとか、細いのは蒸かして食べようとか楽しそうだったので、オッケー👍

なりたいものになれる

17398.jpg
誰だって、こうなりたいと願っていれば、なれるのかもしれない。
そう思えるような事があった。

今日はバザーの日で、元寮生やらいろんな人が来てくれて、近況を話しあったりしていた。
そこで、20年近く前のある寮生の話が出て、十数年ぶりに電話することになった。
彼は寮生の頃、大工とか職人に憧れていて、出たらすぐに見習いになった。しかしうまくいかず数カ月でやめて、それ以来ラーメン屋とか、建築関係とは縁のない業種で働いている、というところまで知っていた。
先日、物置小屋を解体している時、その物置を組み立てたのが彼だったため、思い出していた。
「あんなに職人に憧れていたのに、最初に行った所が良くなくてやめてしまった」
「自分は合ってないと思ってしまったのだろうか、それでその道を諦めたならかわいそうだなあ。」と。
しかし、久しぶりに電話すると、驚いた。なんとリフォーム屋を一人親方でやっているという!
そういえば、風のうわさでガスの仕事をしているとか聞いたことがあった。聞くとその後、電気やら水道やらの資格も取って、リフォーム一式を仕事としていると。
「たまには山にも遊びに来てよ」と言うと、
「いや~、メッチャクチャ忙しくて、休みないっすよ!」と。
充実してるんだね!いやー素晴らしい!いろいろ紆余曲折あったけれど、30代後半にして一番やりたかった仕事にたどり着いたんだ!
最近、うちに来ていた人たちから、いろいろな話を聞く。
みんな、若い頃は紆余曲折あってこの山に来て、そして出てからもいろいろ迷いや悩み、苦労がありながらも、多くは遅咲きで本当にやりたい道を進んでいる。その道への噛り付き方というか根性は、なかなかのものである。

ところで、この山に来てその後、なっている人が最も多い職業は何でしょう?農家だから農業!と思うけれど、残念ながらそれは一人。私だけ。
実は教職。
なぜだろう。その理由はたぶん、「合宿が楽しすぎるから」。
一年で3~4回、子どもたちと数日間合宿をする。その合宿がたのしすぎて生きがいになってしまう。
そしてあることに気付く。教員になれば子どもたちと毎日一緒にいられる=永遠に合宿!と(笑)。
私の勝手な予想だが、たぶん当たっている。

運動会お騒がせ親子

【“運動会お騒がせ親子”の続きを読む】

FC2Ad