お山のたまごシリーズ☆にゅーす☆

本当のおいしさを求めて―。お山のたまごシリーズができました。 くだかけ生活舎産の お山のたまご、そして“お山のたまごシリーズ・やさい”のご紹介ページです。

ついにやってしまった

10789.jpg
ついに息子(5)が、ヒヨコを死なせてしまった。
毎朝、大好きなヒヨコちゃんたちがいる鶏小屋で遊んでから出かけるのが日課になっている息子。僕が雛の所に行くと、息子の動きが少し変だった。育雛箱をのぞくと小さい方のヒヨコが一羽倒れていた。死んでいるが、まだ温かい。外傷はない。すぐに何があったか予想がついた。
育雛箱の蓋は、「猫落とし」といって、猫などが開けられないように落し蓋になっている。大きくて子供が開け閉めするのは少し難しい。以前から、その蓋をヒヨコの方へ落してしまわないようにと注意していたのだが、落としてしまったらしい。
どうしたのか聞いても、大きなヒヨコに突っつかれて死んだとか言って白を切っている。
何も責任や罪を感じていないのだろうか。可哀そうとも感じていないのだろうかと、心配になった。
しかし、あとで妻に聞いたのだが、死んだヒヨコを埋める時、息子の手が震えていたという。白を切ったり、平気な振りをしていたが、やはり内心は、かなり動揺しているのだろう。
しかし息子よ、最大の責任は僕にある。
約半月、毎日のように来ても平気なのだからと油断し、蓋の開け閉めは大人がやるとか、そういうルールを徹底していなかった僕の責任だ。
(写真は、息子が孵卵器で孵した大きなヒヨコ4羽。右の育雛箱に80羽近くの小さなヒヨコが入っている。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyamanotamago.blog117.fc2.com/tb.php/661-86fac725
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad